・・・・・・・・・・・・
あの日から2か月。社協では、高齢者のためのサロン「ぬぐだまり」、だれでも集まれるお茶のみどころ「よりあいっこ」を再開しました。 県内外のボランティア団体、NPO、社協の協力により、災害ボランティアセンターを運営しています。
・・・

災害ボランティアセンターからのお知らせ(センター名称変更、ボランティア活動一部休止について)

山田町災害ボランティアセンターでは、ボランティア様、皆様の積極的な活動により、ガレキ撤去や泥だしなどの災害支援のニーズは減少し、少しずつですが、終息へ向かっております。

その一方、仮設住宅入居により新たな生活環境が始まり、住民ニーズ変化の把握、地域コミュニティの再生支援、憩い、役割の場作り、高齢者等の孤立、孤独死防止等の様々な個別的・全体的な生活課題が顕在化しております。

また、在宅を対象とする活動についても従来どおりの福祉サービスの提供や地域福祉活動の展開、仮設住宅入居者とのコミュニティ支援も重要となってきております。

4月9日の「山田町災害ボランティアセンター」の開設から、現在に至るまでの7ヶ月余りの間、皆様方、また関係団体様からの多大なるご支援、ご協力賜り御礼申し上げますとともに、「山田町災害ボランティアセンター」では12月1日(木)をもって「山田町社協地域支え愛センター」と名称を変更致します。

  ※冬季を迎える12月1日(木)からは路面の凍結などの悪路、それに伴う危険を考慮し、冬季期間中は一部活動を休止とさせていただきます。(必要によりボランティアの派遣は行います。)

今後も町民に対する支援を行っていきたいと考えておりますので、引き続きのご支援、ご協力お願い申し上げます。

 

 詳しくはコチラ⇒http://kaigo.nsyakyo.or.jp/yamada2011/wp-content/uploads/2011/11/7fe26569052f1dc156e6aefb946fd2b7.doc