ボランティアについて

5月 23, 2011 Author 「結い」事務局

<はじめに>
3月18日の栄村復興支援機構「結い」立ち上げ以来、多くの方々から多大なるご支援を頂いております。
災害ボランティアとして活動してくださった方も8月で延べ3000人を超え、おかげさまで村の状況もだいぶ落ち着きを取り戻して参りました。
この場をお借りして、ご協力下さった団体様・個人の皆様方に深く感謝申し上げます。

<栄村>
栄村は人口2000人ほどの小さな村です。
昔から集落の結束が強く、今回の震災直後も集落の自治が発揮され死者・行方不明者は出ませんでした。
しかし、高齢者が多くなかなか片づけが進まない・力仕事が出来ないなどの現実もあります。
さらには栄村の生活基盤である農業が震災や雪解けの関係で遅れています。
村外・県外に仮住まいしなければならない人たちの離村問題も大きな課題です。

<ボランティア>
結いでは、村民の自治を尊重した“お手伝い”という位置付けでボランティアの方へお越し頂くお願いをしております。
こちらが何でもしてあげるのではなく、村民が自ら復興しようという力に手助けをして頂きたいのです。
そのため、ボランティアの方には事前登録をして頂き、村民から支援希望(ニーズ)が出た段階で栄村にお越し頂くお願いを出させて頂いております。

・ニーズが1件も無い日は仕事がありません。
・天候や休日の関係で急にキャンセルが出ることもあります。
・活動先のお家で「今日はもうこれでいいよ」と言われて午前中で活動が終わってしまう場合もあります。
これも全て村民のペースに合わせているため、ご理解いただきたいと思います。

<ニーズについて>
今まで活動してきた中では、震災直後の片付け(散乱した衣類や食器の仕分け、ゴミ出し、掃除)から復興に向けた支援要請(集落単位での普請、農作業、水路や田んぼ道の修繕)、一人では重くて動かせない家具の移動など様々です。
時にはお茶飲みしながらお年寄りの話し相手になることも一つの支援です。

<登録から派遣までの流れ>
・メールにて必要事項(氏名・居住地域・連絡先・支援可能日)を送って頂きます。
・村からニーズが出たら、事前にお知らせ頂いている支援可能日と照らし合わせます。
・ニーズと支援可能日が一致したらお越し頂くお願い(メールまたは電話)を結いから出させて頂きます。
・支援可能が確実か返信をして頂きます。
・当日は8:30から9:00の間に事務局にて受付を行います。
・人数が揃い次第チーム編成をし、ご自分の車で各集落へ移動します。
・住民の方の指示に従って活動します。
・活動が終わったら、(終わらなくても16時までに)事務局へ戻り報告をして解散です。

<用意するもの>
昼食
汚れても良い服装
長ぐつ
軍手
マスク
※最低限の準備をお願い致します。
その他必要が出た場合は個別にお知らせいたします。

<ボランティア保険について>
結い事務局にて加入することが出来ます。
すでに加入されている方は受付の際にお申し出下さい。

【ボランティア事前登録の仕方】
sakae.yuinosho@gmail.com

上記アドレスに必要事項をご記入の上メール送信して下さい。
<必要事項>
・お名前
・性別
・年齢
・ご住所(市町村名までで結構です)
・災害ボランティア経験の有無
・お持ちの免許・資格
・栄村訪問の有無
・支援可能日
・携帯電話番号

Comments are closed.